楽器ピアノ

国内のピアノメーカー その2

日本国内のピアノメーカーは、まだまだあります。

東洋ピアノ

1948年設立。本社は、静岡県浜松市本社。

アポロのブランド名で作られていたピアノは、品質も良く、ファンも多いです。
グランドピアノに最も近いアップライトピアノとして誕生したSSS(スライドソフトシステム)などの独自技術、ハローキティピアノやプリンセスシリーズ等のアップライトピアノの特殊デザインピアノのほか、オーダーメイドピアノも製造しています。

ピアノ製造のほか、輸入ピアノの製造や調整などもしています。スタンウェイ(アメリカ)の東海地区正規代理店でもあります。

 

 

 

大成ピアノ

浜松市にあったピアノメーカーです。戦後、ドレスデンピアノが大成ピアノに名前を変え、東日本ピアノから全国規模の販売店であった共立ピアノサービスの傘下に入りましたが、共立ピアノの倒産と共に消滅しました。

KAWAIの工場は、大量生産のラインのみだったため、職人芸のピアノは生産できませんでした。そのため、KAWAIの記念ピアノや特注ピアノは大成ピアノが作っていました。KAWAIがディアパソンを吸収合併した後、ディアパソンは大成ピアノに製造を任せていました。

このように、大成ピアノには優秀なピアノ職人が大勢いて、ドレスデン、江リントン、ブリューテ、クラウス、ゲルス&カルマン、オーガストホルスターなどのブランド名で素晴らしいピアノをたくさん世に送り出していました。

 

 

国産のピアノメーカーは、かつては50社近くあったそうですが、今ではYAMAHA、KAWAI、東洋ピアノのみの3社になっています。

最近の新品ピアノは、中国で生産されたものが多いため、国産ピアノメーカーのピアノで高品質のものを購入したい方の中には、あえて新品ではなく60年~70年代のピアノ黄金期に製造されたピアノを探される方もあるそうです。

 

 

新着情報

home > 楽器ピアノ > 国内のピアノメーカー その2

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.