楽器ピアノ

ピアノの管理

古矢ピアノ教室で気をつけていますことは、湿度と温度管理です。

 

湿度は、1年を通じて60%±10%におさまるようにしています。

そして、温度は一日の気温の変化を±5℃にして、10℃以上変化しないように気をつけています。

 

ピアノは、金属、木材、羊毛などからできていますが、それぞれの膨張率が異なるため、温度の変化が大きいと、バランスが保てなくなります。

 

そのことが、音程や音の抜け、響きなどが悪くなる要因となります。

 

 

縁があって、湿度が年間を通じて50%~60%の国から、湿度の高い日本に来たピアノです。

 

できるだけ、よい環境に置いてあげ、美しい音色、豊かな響きを奏でてほしいと願っています。

 

0

新着情報

home > 楽器ピアノ > ピアノの管理

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.