教室日記

ショパンのピアノ曲

皆様ご存知のショパンは、「ピアノの詩人」と呼ばれ、ポーランドで1810年に生まれ、1849年に39歳で亡くなりました。ロマン派を代表する作曲家であり、優れたピアニストでした。

生涯で、約230曲作曲しました。そのうち、ピアノ曲は166曲です。様々な様式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい世界を切り開きました。

 

ピアノの詩人 ショパンの名曲

どの曲も素晴らしい作品ですが、その中でも誰もが認める名曲をご紹介しましょう。

♪ノクターン第2番

♪ノクターン第8番

♪ノクターン第20番(遺作)

♪ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」

♪ワルツ第6番「子犬のワルツ」

♪ワルツ第9番「別れ」

♪ワルツ第10番

♪革命エチュード

♪黒鍵エチュード

♪子守唄

♪前奏曲第15番「雨だれ」

♪軍隊ポロネーズ

♪英雄ポロネーズ

♪別れの曲

♪バラード1番

♪スケルツォ2番

♪舟歌

♪ピアノ協奏曲第1番

どの作品も、ピアノを習い始めてすぐに演奏することは難しいですが、機会があれば、是非、お聴きになることとをお勧めします。いつか、この素敵な名曲を演奏してみたいと憧れることは、日頃の練習の目標となることでしょう。

また、同じ作品でも、演奏者が異なると、解釈や表現が違います。そんな聴き比べも楽しいですよ。

 

 

 

0

新着情報

home > 教室日記 > ショパンのピアノ曲

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.