子どもさんのレッスン

メトロノームって、な~に?

こんにちは。
大津市の親子3代で楽しめる古矢ピアノ教室講師、古矢純子です。
 
5月とは思えないほど暑い日が続いています。
体調管理には十分気をつけたいですね。
 

 
週末に出かけたマキノ町のメタセコイヤ並木です。新緑がとってもキレイでした。
 

毎週月曜日は、小学4年生と1年生の姉妹がレッスンに通ってくれています。
昨日も、姉妹仲良く来てくれました。
 
いつも、先にレッスンするには、妹さんです。
バーナム、バイエル、曲集から「ちゅうりっぷ」をうれしそうに弾いてくれて、
みんな合格シールが貼れました。
 
妹さんがレッスンの間、お姉さんは学校の宿題をしたり、教室にある本を読んだりされています。
妹さんは、お姉さんのレッスンの時間、折り紙したり、本を読んだりして待っていてくれます。
 
お姉さんの方は、学校の音楽会でキーボードを弾くことになり、その楽譜ももってきて弾いてくれましたよ。
今、ショパンが大好きで、マズルカを練習中です。
「速く弾けるようになりたい!」と、とっても意欲的です。
 
現在、折り紙は人気があるのですよ。
皆さん思い思いの作品を作って、教室を飾ってくれています。
 

 
お二人のレッスンが終わったあと、妹さんが教室で見つけたのがメトロノーム!
「これ、な~に?」と興味津々。
 

 
動かしてあげると、リズムに合わせて「ちゅうりっぷ」を弾いてくれました。
そして、速さが変わることがわかると、自分で速さを変えて、
いろんなテンポで「ちゅうりっぷ」を楽しんでくれました。
 
「60は、1分間に60鳴らす速さだよ。」と数字の説明をすると、
掛け時計を見て、「カチコチと同じだ!」と病身の動きと同じことを発見してくれました。
 

 
教室にはデジタルのメトロノームもあります。
それと並べて、数字をそろえて一緒にスタート!
同時にカチカチ鳴ることを確認しましたよ。
 
音楽を演奏するのに、テンポってとっても大切ですね。
同じ曲も、速さが変わると印象も変わります。
ワルツは、踊りたくなるような3拍子で弾きたいですし、
マーチは、元気に前進していきたいです。子守歌は、やっぱりゆったりしたテンポになりますね。

メトロノームでいろんなテンポを体験して楽しいレッスンになりました。

1+

ブログ

home > 子どもさんのレッスン > メトロノームって、な~に?

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.