70代のシニアの方のピアノレッスン

今日は、70代のMさんのレッスンでした。
Mさんは、4年くらい前から月1回のペースでレッスンを続けて下さっています。

途中、ご主人様が体調を崩されて、しばらくお休みされていましたが、
最近、介護認定をお受けになり、週2回デイ・サービスに通われるようになりましたので、
また、レッスンのお越し下さっています。

DSC03255

シニアの方は、ご自身の体調やご都合でお休みされることもありますが、
ご家族のお世話などで続けられなくなることも少なくありません。

けれども、その問題が解決され、ピアノを弾く時間の確保ができ、通える状況になられますと、
また復活してピアノを楽しまれるようになられます。

「水曜日は、主人がデイ・サービスに出かけるので、安心してピアノに来られます。」
と笑顔でおっしゃいます。

ご主人様は、軽い脳梗塞になられ、リハビリのために散歩には、毎日付き添われ、
何かと目が離せないとおっしゃいます。

「主人には悪いですが、ピアノは息抜きになり、弾いている時は忘れています。
それに、指を動かすことは、脳のために良いでしょう?」

いつも楽しく、その季節の唱歌などを弾かれます。
今日は、クリスマスの曲、「もろびとこぞりて」と「きよしこのよる」を弾かれました。

「クリスマスまであと一週間ありますから、止まらずきれいに弾けるように、
もう少し練習します。」とおっしゃって帰られました。

ピアノが、シニアの方の生活にお潤いになり、励みになれば、本当に嬉しいことです。

来年の発表会のご案内をしましたら、とってもうれしそうにされていたのが印象的でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP