小学6年生女の子さんのピアノレッスン

先月、お父様と体験レッスンにお越し下さった6年生のSちゃん。
11月は、修学旅行もあり、月の途中からご入会下さいました。

独学でピアノを弾いてこられました。

今日が2回目のレッスンです。
これまで、Sちゃんは、きちんとピアノを習ったことがなく、
独学で譜読みをして、「エリーゼのために」や「悲愴」ソナタの2楽章など
有名な曲を弾いてこられました。

その集中力と根気、継続する意欲は、本当に素晴らしいです。
ただ、独学で頑張ってこられましたので、
どうしても音だけ読んで弾いてしまいがちです。

楽譜には、音符の音だけでなく、たくさんのことが書かれています。

リズム、拍子、速度、強弱、アーティキュレーション、など。
様々な記号にも目を向けてほしいところです。

そうすると、どんな曲か、作曲家の思い、そして、Sちゃんの感じることが
表現できるようになり、聴いている人の心を動かすことになるでしょう。

これまで、弾いてこられた曲より譜面はやさしいかと思いますが、
「ブルグミュラー25番」を丁寧に楽譜を読んで弾く練習をしています。

images (33)前回の1回目のレッスンから1週間。
とってもよく練習されてきました。
何より、素直に話を聞いて、一生懸命にされるところが素敵です。

どんな習い事も、学校の勉強も、素直な気持ちが大切ですね。
これからが、楽しみです。
いろいろな曲を楽しんでいきましょう!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP