音楽について

最初の習い事は、「音楽」がベスト!

東北大学教授の瀧 靖之先生が書かれた
『「賢い子」に育てる究極のコツ』という本を読みました。

副題に、「16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える」とあります。

脳の発達から見ると、
年齢ごとに合った習い事があるそうです。

瀧先生は、3、4歳から始める最初の習い事は、
ピアノをはじめとする楽器をすすめておられます。

 

その理由は、いくつかあります。

一つ目。
その時期が、音感やリズム感がつきやすいこと。

二つ目。
音を司る脳の領域と言葉を司る脳の領域は非常に近いので、
3、4歳の言葉が発達する時期、楽器を演奏することで、
言葉の領域にも良い刺激がいくと考えられること。

将来、外国語を習得するために素地も作っているとのことです。

三つ目。
ピアノを弾くことで脳の発達が進む可能性が大きいこと。

ピアノは、左右の手で別の音を弾くので、
左右の脳をつなぐ脳梁(のうりょう)という神経線維を発達させます。

さらに、脳と手をつなぐ錘体路(すいたいろ)という
神経ネットワークの発達もみられます。

四つ目。
音楽を通じてあらゆる方面への知的好奇心が広がり、
人生を豊かに広げてくれること。

そのスタートが、幼い頃に始めたピアノかもしれません。

皆様が、生涯、音楽を楽しんでいける人生を送ってほしい。
私の願いでもあります。

新着情報

home > 音楽について > 最初の習い事は、「音楽」がベスト!

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.