ピアノの効果

子供さんがピアノを習われることの効果

親御さんは、いろいろな思いや期待を込めて、子供さんに習い事をさせておられますね。

様々な習い事がありますが、昔から、音楽は子供さんにも親御さんにも人気の習い事のひとつです。

ピアノを習い事にする音楽に関する効果

音楽の中でも、ピアノを習っておられる子供さんは圧倒的に多いですね。それは、子供さんにとって始めやすいからと言えます。ピアノは、鍵盤を押しただけで音が出る楽器ですし、音の配列も目に見えてわかりやすいです。

音楽大学に進むなど、ピアノを専門に学ぶことにならなくても、音楽に関する効果はたくさん考えられます。

♪ 楽譜が読めるようになります。

♪ 音感やリズム感が身につきます。

♪ ほかの楽器の習得が容易になります。

♪ 将来、ピアノ演奏が求められる職業につけます。

♪ 生涯、ピアノを楽しむことができます。

 

ピアノを習うことにより、楽譜も読めるようになり、音感やリズム感もつきますので、他の楽器も習得しやすくなります。また、保育の仕事にもつきやすくなるでしょう。

また、大人になっても、ずっと趣味でピアノを楽しむことができます。ピアノの習得は、大人になってから始めるほうが困難な場合が多いです。

ピアノを習い事にする学習能力の効果

♪ 読解力、集中力、反射神経、記憶力、持続力が高まります。

♪ 両手を使うことによる、バランスの良い脳のトレーニングになります。

pianozu多くの脳科学者や教育評論家の先生方も指摘されていますが、ピアノは、脳のトレーニングとして優れていると言われています。楽譜を見て、音・リズム・強さなどを理解し、左右の手の指と右足を別々に動かし、メロディを耳で確認する、という一連の動作をします。

楽譜を見てを理解するためには読解力、鍵盤を弾くためには反射神経、耳で確認するために集中力が必要になります。

発表会やコンクールでは暗譜の演奏が基本なので、暗譜の練習を通じて記憶力もつけることができます。

繰り返し練習することで持続力も高まります。左右の手を別々に動かすことは、右脳も左脳も刺激し、バランスのよい脳のトレーニングになります。

また、先生の話を聞き、その言葉の意味を理解し、より良い演奏をしようと努力します。

ピアノの練習によって得られた学習能力は、きっと学校での勉強にも役立つことでしょう。

ピアノを習い事にすると、自信を持って行動できるようになります。

例えば、自己表現することが少々苦手な、おとなしい性格の子供さんが、ピアノを演奏することで、自分の感情表現をすることが容易になるとことが多いです。さらに、人前で堂々とピアノ演奏ができるようになり、自信をもつことができるようになります。

こういうこともピアノを習い事にすると生まれる効果と言えますね。

 

 

0

新着情報

home > ピアノの効果 > 子供さんがピアノを習われることの効果

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.