教室日記

楽しい鍵盤ハーモニカ

鍵盤ハーモニカをご存知ですか?

小学校低学年の方が、学校の音楽の授業で学ばれるおなじみの楽器ですね。小学校入学準備に購入される方も多いでしょう。

今日は、守山市で開催された「鍵盤ハーモニカ de 魅力的な教室作りセミナー」に参加してまいりました。

講師は、鍵盤ハーモニカ演奏、指導の第一人者、松田昌先生です。

 

ストラップベルトをつけて、鍵盤ハーモニカを身体の前に持ってこられ、両手で演奏、かっこいいですね!

セミナーでは、楽器の持ち方、マウスピースのくわえ方から教えていただきました。

鍵盤ハーモニカは、子供が弾く簡単な楽器と思われていませんか?

実は、鍵盤ハーモニカは、とっても奥が深いのですよ。

もちろん、ピアノやフォルテの強弱もつけられますし、だんだん大きくしたり小さくしたりもできます。舌を使ったタンギングで細かい表現も可能です。

松田先生がアレンジされた「さんぽ」や「小さな世界」を参加者全員でアンサンブルしましたら、それはそれは楽しいのです。

ピアノは、一人で演奏することが多いですね。誰かと一緒に演奏するのは、他の人の演奏を聴きながら、速さを合わせ、一緒に音楽を作っていかないといけません。

それは、一人で演奏よりも大変なこともありますが、一緒に息を合わせて演奏することは、本当に楽しいです。

秋の発表会には、是非、鍵盤ハーモニカでの合奏を皆さんと一緒にしてみたいです。どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

0

新着情報

home > 教室日記 > 楽しい鍵盤ハーモニカ

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.