教室日記

「ねこふんじゃった」は、ピアノ曲?

誰もが知っている「ねこふんじゃった」。ピアノで遊びながらお弾きなられた方も多いと思います。

この「ねこふんじゃった」は、誰が作曲したのでしょうか? そもそも、ピアノ曲でしょうか?

「ねこふんじゃった」は、作者不詳のピアノ曲

「ねこふんじゃった」は、作曲者不詳といわれています。発祥国もわからないようです。ピアノ独奏されることが多いですが、多くのアレンジやバリエーションもあります。

楽譜では、♯あるいは♭が6個もつく(変ト長調もしくは嬰ヘ長調)ため、とても難しそうに見えますが、実際に弾いてみるとわりに単純です。ピアノを習っていない人も、楽譜が読めなくても、少し練習すれば弾けてしまいます。覚えやすくてコミカルなメロディと知名度の高さから、大変親しまれていますね。

 

「ねこふんじゃった」は、世界各地で親しまれています。

日本では、NHKの『みんなのうた』で阪田寛夫が作った歌詞が使われ、広く歌われていますが、「ねこふんじゃった」は日本独自の曲名で、世界の国や地域ごとに様々な歌詞や曲名がつけられています。

 

♪ねこふんじゃった(日本)  ♪ねこのマーチ(ブルガリア)  ♪ねこの踊り(韓国)

♪子猫之舞 (台湾)     ♪黒猫のダンス(ルーマニア)  ♪猫のポルカ(フィンランド)

♪犬のワルツ(ロシア)    ♪犬のポルカ(チリ)

♪蚤のワルツ(ドイツ、ベルギー)   ♪ノミのマーチ(オランダ、ルクセンブルグ)

♪アヒルの子たち(キューバ)     ♪三羽の子アヒル(キューバ)

♪ロバのマーチ(ハンガリー)     ♪お猿さん(メキシコ)

♪豚のワルツ(スウェーデン)     ♪トトトの歌(イギリス、アメリカ)

♪カツレツ(フランス)        ♪チョコレート(スペイン)

♪公爵夫人(デンマーク)       ♪三女の足(デンマーク)

♪道化師ポルカ(アルゼンチン)    ♪追い出しポルカ(マジョルカ島)

♪箸 Chopsticks  (イギリス、アメリカ、カナダ、ハンガリー)

♪黒のメロディー(ユーゴスラビア)  ♪サーカスソング (イギリス、アメリカ、カナダ)

♪泥棒行進曲 (中国)

 

動物や食べ物など、とってもバラエティーに富んでいて面白いですね。

「蚤のワルツ」てどんな感じかなといろいろ想像しながら「ねこふんじゃった」を弾いてみると、ますますピアノが楽しくなりますよ。

0

新着情報

home > 教室日記 > 「ねこふんじゃった」は、ピアノ曲?

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.