セミナー

大津市湖西で、土田京子先生の勉強会に参加してきました。

昨日になりますが、大津で開催されています土田京子先生の勉強会を
見学させていただきました。

土田京子先生は、私が社会人でオルガンを勉強しました同志社女子大学でソルフェージュや和声や楽曲分析などの授業をご担当されていました。
(先生のご退職と入れ替わりに入学しましたので、お目にかかったことはありませんでした。)

そんなご縁から、Facebookを通じてお誘い頂いたのですが、和声の難しい内容だったら、どうしよう、ついていけるかしら?と心配ではありましたが、いつもの、せっかくの機会だから、と軽い気持ちで参加したのです。

会場は、大津市湖西にあるピアノの先生のレッスン室で、なんと、土田先生、20年来勉強されているピアノの先生方3名と新参者の私とで総勢5名!

目の前で、先生のお話をお聞きできることになりました。

先月から、モーツアルトの「レクイエム」を勉強していますとお聞きし、とりあえず、スコアを用意して、ドキドキしながら先生がお越しになるのを待ちました。

でも、そんな心配は全く不要でした。
ご一緒させていただいた先生方も、温かくて楽しい方ばかり。

西洋音楽を演奏したり、教えたりしているなら、その作品の時代背景、文化、作曲家のことも知らないとダメ!
そのおおもとは、和声を学ぶこと!とおっしゃる先生のお話は、全て奥が深くて、本当に面白い!

「レクイエム」のCDをカラヤンとベームで聴き比べながら、最近行かれたポーランド旅行のお話、先生の学生時代のお話、楽器のお話と、どんどんお話が脱線していく内容が興味深いことばかりでした。

10時半から始まった勉強会は、あっという間にお昼を過ぎ、「是非、参加させてください。来月からどうぞよろしくお願い致します!」と参加表明いたしました。

土田先生もおっしゃるように、ピアノを演奏するということは、一生懸命、音譜を追いかけて、ひたすら練習するだけでは、音楽を表現することにならないのです。

幅広く、歴史や文化を学び、曲にはどんな背景があり、どんな思いで作曲家が作曲したか、想像力を働かせていくことは、とても面白いことと思いませんか?

 

 

湖畔から、近江富士がきれいに見えました。

0

新着情報

home > セミナー > 大津市湖西で、土田京子先生の勉強会に参加してきました。

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.