ピアノの効果

ピアノを習うと外国語の習得能力もUP!

子供にやらせてあげたい習い事に音楽をあげる方は多いです。音楽を習わせると楽器の演奏がうまくなるだけでなく、脳の働きがよくなるとか、性格が穏やかになりキレにくくなるとか、様々な良い影響があると言われています。

中でも、ピアノは多くの脳科学者や教育評論家の先生方が子どもの成長のために良いと言われています。

外国語にも適用しやすくなります。

音楽家は音の高低、騒音の中で人の音性を聴き分ける能力にたけているため、外国語の習得能力にも優れていることがこれまでの研究で分かっています。

それは、子供の頃に数年だけ楽器を習った場合でも、メリットがあると言われています。

アメリカ  ノースウェスタン大学聴覚神経科学研究所が大人45人を対象に、音楽教育を受けた年数ゼロ、1年~5年、6年~7年のグループに分けて実験を行いました。

音楽教育を受けた年数がわずかであっても、異なる音を処理する能力が強化されていること、とりわけ、騒音の中から基本周波数を取り出す能力が、音楽教育を受けていないひとよりも優れていることが分かりました。

 

 

子どもの頃に受ける音楽教育は、言語能力に大きな恩恵を与えます。

子どもの頃に受ける音楽教育は、言語能力やリスニング能力に大きな恩恵をを与えますので、英語を第2外国語とする人にもとても大切になるのです。

また、音楽の訓練を積んでいる子どもは、読む能力、数学の能力にも長け、知能テストで高得点をマークしていることから、聴覚のみならず、脳の一連の機能が強化されていると考えられるのです。

音楽の効果は、科学的にも証明されているのです。とりわけピアノは、誰でもすぐに音を鳴らすことができ、演奏を楽しむことができます。外国語の習得にも役立つのですね。

 

0

新着情報

home > ピアノの効果 > ピアノを習うと外国語の習得能力もUP!

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.