幼稚園年中さんからピアノを始めたAくん。小学3年生になりました。
今日のレッスンでは、ハノン、スケール、ツェルニー、プレ・インベンション、ブルグミュラーを
弾いてくれました。

「いろいろ練習しているけれど、どの本が一番好き?」と聞きましたら、
「プレ・インベンション!」 と即答してくれました。

今日も、素敵に拍子を感じてブーレを弾きました。
ブーレは、2拍子の踊りの曲です。
どの曲も、音楽の流れが対決ですが、踊りの曲は、流れが止まっては踊ることができません。
Aくんのブーレは、強弱やアクセントのつけ方が自然につけられて、素敵に踊れそうでした。

 

 

実は、明日がAくんのお誕生日です。
8歳の最後の日に、うれしい笑顔で合格シールを貼りました。

夏休みのソルフェージュも1年生の弟くんと一緒に参加してくれます。
また、ピアノ解体SHOWに参加するのも楽しみにしてくれています。

どんなことにも楽しみながら意欲的に取り組むAくんです。

「おじいちゃんになるまでピアノ続けるよ!」 と、ピアノを楽しんでくれています。
11月の発表会では、「ペダルのある曲を弾きたい!」と張り切っています。
楽しみですね。頑張っていきましょう!

そろそろ、本格的に発表会の選曲をする時期になります。
みんながステージで素敵に輝きますように、ワクワクしながら準備していきますよ。

7月に入り、学校の夏休みまで2週間ほどになりました。
皆様、いろいろな楽しい計画をたてておられることでしょう。

古矢ピアノ教室では、夏休みの特別イベントとして、
「ソルフェージュ教室」と「ピアノ解体SHOW」を開催させていただきます。

ソルフェージュとは、音譜の譜読み、リズム、聴音、楽譜の書き方など、音楽の基礎の力の総称です。
ソルフェージュの力が身につくと、譜読みが楽になり、ピアノ演奏がさらに楽しくなります。
そして、音楽をもっと楽しめるようになります。

ソルフェージュ教室では、普段のレッスンではゆっくり時間が取りにくい
「音読み」や「リズム」の復習、また、楽譜の書き方を学び、聴音(音の聴き取り)などもいたします。

グループレッスンですので、お友だち同士で考えたり、教え合ったりして、
とても楽しい雰囲気です。
みんな、普段のレッスンとは違う顔を見せてくれます。

今年は、7月30日(月)9時半~11時半までいたします。
一緒に、楽しく学びましょう。

昨年のソルフェージュ教室の様子です。

 

また、8月10日には、楽器店様のご協力をいただき、ピアノ解体SHOWをいたします。

元調律師さんの方が教室にお越し下さり、普段、見ることのできないグランドピアノの枠をはずし、
アクション部分を取り出して、ピアノの音の鳴る仕組みを見せて下さいます。

昨年、面白かった!、楽しかった!と子どもさんも大人も楽しめる大好評のイベントでした。
生徒さんからも、「今年は解体SHOWは、ないの?」と聞かれていました。

そこで、今年もトリイ楽器様にお願いしまして、開催させていただけることになりました。
ピアノの中をのぞいて、音の出る仕組みを見てみましょう。
そして、普段弾いている曲も、どんなふうに弾いたら素敵な音になるのか、
よく聴き、考えてみるきっかけになるといいですね。

昨年の解体SHOWの様子です。

 

 

みんなで、充実した楽しい夏休みにしましょうね!

7月に入り、もうすぐ夏休みですね。
ピアノを弾いてみたいお子様、どんなレッスンか気になる方、
時間のゆとりのあるお休みに、体験レッスンを受けてみませんか?

 

 

2018年7月2日現在のレッスンの空き時間をお知らせします。

子どもさん向けの時間
月曜日 18時~
火曜日 16時~・16時45分~
水曜日 15時45分~
木曜日 16時15分~・18時15分~
土曜日 16時半以降

金曜日は、現在、空きがございません。
 
大人の方向けの午前中、午後早めの時間や夜の時間には空きがございます。
どうぞ、お問合せください。

夏休みでしたら、午前中に体験レッスンを受けていただくこともできますよ。

 

 

お子様の体験レッスンは、レッスンを20分~30分、保護者の方とのお話を20分~30分、
合計で1時間弱のお時間をいただいています。

体験レッスンのお問合せ、お申込みは、こちらからお願い致します。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

先日、6月27日に、小学1年生の女の子さんの体験レッスンをいたしました。

お嬢様がピアノに興味をもって、習いたいとおっしゃっているとのことで、
お母様がピアノ教室を探され、インターネットで検索して
古矢ピアノ教室を見つけて下さったのです。

ホームページをご覧くださり、お問合せフォームから体験レッスンをお申込み下さいました。

 

 

最初は、少し緊張気味の様子で恥ずかしそうにされていましたが、
一緒に体験レッスンをしているうちに、だんだんと笑顔を見せてくれるようになりました。

指番号も、鍵盤のドの場所も、しっかり理解して答えてくれましたし、
音符の長さもよくわかって、リズムを楽しくたたいてくれました。

「みんなのオルガン・ピアノの本1」から、右手でドとレ、左手でドとシを使って、
「おつかいありさん」を弾けた時は、ニコニコ笑顔になっていました。

ソルフェージュの本からは、初めて見る楽譜を見て音譜を読んで、大きな声で歌ってくれましたよ。

最後には、いつもお家で弾いている「ねこふんじゃった」をお母様と連弾してくれたのです。
ピアノを弾くのが大好きでたまらない気持ちが伝わり、私もとってもうれしくなりました。

 

 

翌日には、お母さまからご入会のご連絡をいただきました。

 

古矢先生のもとでピアノを弾く楽しさ、音楽の楽しさを学んでくれたら嬉しいなと思いました。

娘には楽しみながら習い、学んで欲しいと強く願っています。
そして、子供の頃だけでなく、この先大人になってもピアノを続けてくれたら嬉しいなと思っています。

娘がピアノに興味を持ってくれて、一番良いタイミングで古矢先生の体験レッスンを受けさせていただき、本当によかったです。

 

ありがとうございます。うれしいお言葉に心より感謝いたします。
皆様が、生涯ずっと、ピアノを弾いて、音楽を楽しみ、
心豊かな人生を歩んでいっていただきたいと願っています。

今日の午前中、昨年末からレッスンをお休みされていた女性の方が、半年ぶりにレッスンにお越しくださいました。

お嬢様の受験などがあり、何かとお忙しくされていました。
女性の方は、ご自身のことだけでなく、ご家族のことで、なかなか思うように動けないことがありますね。
お仕事をされながら家事もこなして、時間を作ってピアノを練習されています。

ツェルニー30番やバッハのインベンションを丁寧に弾いて下さいました。
よく練習されたのがわかる演奏で、本当にピアノがお好きなんだなと思いました。

 

 

しかも、秋の発表会には、連弾で参加したいとおっしゃり、
ドビュッシーの曲を練習されてこられたのです。

お忙しいのに、目標をもって取り組まれる姿勢は、本当に素晴らしいです。
私も、一緒に連弾できますように練習しないと!

夕方には、4月にご入会くださった大人の方もレッスンにお越しくださいました。
月2回、お仕事帰りに教室に通ってくださっています。

エレクトーンの経験はおありでしたが、ピアノは初めてでらっしゃいました。
本当は、ピアノが習いたかったそうで、夢が叶い、ピアノもご購入されたのです。

テキストも、どんどん進み、「大人のためのピアノ教本1」は既に終了し、
現在は、2冊目を弾いておられます。

短調の音階を説明しましたら、とっても興味をもって聞いてくださり、
これまで、断片的だった知識が整理されたようでした。

これまで、楽器の経験がおありですので、
子供さんの時から、楽譜の決まりごとや楽典や音楽のことなど、
いろいろなことを勉強されてきたと思うのです。

でも、どんなことも、普段、使っていないと忘れてしまいますね。
大人になって学び直すと、忘れていたことを思い出したり、絡まっていた糸がきれいに1本になるように
頭の中ですっきりとするわけです。
大人の学びの楽しみですね。

今日のレッスンでは、長調と短調の響きの違いを感じつつ、レッスンしました。

 

 

大人の方のレッスンは、月2回、あるいは月1回、ご無理のないペースで続けていけます。
ピアノは、何歳からでも始められます。
あなたも、ピアノを弾いて、一生の趣味にしませんか?

長年、お世話になっているピアノの調律師さんは、信頼するお医者様、主治医のような存在です。

これまで古矢ピアノ教室のスタインウェイとヤマハの2台のピアノの調律をしていただいていた調律師さんが、
今年1月に急にお亡くなりになり、大変なショックでした。

調律師さんとは30年来のお付き合いで、大阪から1年に2回の調律に通って下さいました。
28年前にはヤマハピアノを、昨年夏にはスタインウェイもオーバーホールしていただきました。

 

 

弦を全て新しく張り替え、全てのハンマーも新調しました。
これで、ずっと2台のピアノを楽しんで弾いていけると喜んでいた矢先、
突然の訃報に、これから調律をどなたにお願いしたらよいのか途方に暮れました。

そんな折、ご紹介いただいたのが、タカギクラヴィア様でした。

昨日、京都の法然院でのコンサートのために関西に来られ、
お忙しい中、古矢ピアノ教室にお越しくださったのです。

前回の調律が昨年の12月で、音の狂いが少々気になっていましたので、
調律していただくのを待ちわびておりました。

すっきり整ったピアノの音色は、心穏やかに幸せな気持ちにしてくれます。
どうぞ、どなたもピアノを弾きにいらしてくださいね。

小学5年生のRちゃんは、2年生の秋から古矢ピアノ教室に通われるようになりました。
それまでは、幼稚園の頃から楽器店のグループレッスンを受けておられました。

ピアノを弾くことも、グループでアンサンブルすることも大好きで、
楽器店のレッスンも、引き続きずっと受けておられます。

今日は、楽器店のピアノの発表会がありました。
Rちゃんは、毎年、古矢ピアノ教室の発表会も、楽器店の会も出演されているのですよ。

楽器店の発表会は、ただ、演奏するだけではなく、
審査があって、良い演奏には、優秀賞や奨励賞がいただけるのです。

演奏される曲は、「波のアラベスク」三善 晃 です。
昨日のレッスンでは、ちょっと緊張してリハーサル練習をしました。

 

 

本日の本番は、私はレッスンがあり、応援に行けなかったのですが、
お母さまから、「昨年に引き続き、優秀賞をいただきました!」とご連絡がありました。

ピアノが大好きで、いつも明るく前向きなRちゃん。
先日、小学校であった音楽会でも、学年発表の合唱のピアノ伴奏も演奏されました。

もうすぐ、ツェルニー100番が終了し、30番に進まれます。
これからも、素敵な曲をいっぱい弾いて楽しんでいきましょう!

11月の古矢ピアノ教室の発表会も楽しみですね。
小さい生徒さんたちの憧れのRちゃんなのです。

お子様がピアノを習われますと、当たり前のことですが、ピアノが弾けるようになります。
でも、それだけではないのですよ。

 

ピアノを習うことによって・・・

感性を磨きます。
 ピアノが持つ優しい音色は、お子さまの心に良い刺激を与えます。

情操を育みます。
 音楽はお子さまの心を育み、大きな感動を与えます。

脳を活性化します。
 演奏のために身体の各機関を連携することで、脳の力を高めます。

自分で弾けます。
 大好きな歌や曲に出会った時、自分自身で奏でることができます。

さらに、

自己肯定感が上がります。
 小さな成功体験の積み重ねが自信に繋がり、自己肯定感を上げて、
これからの人生を歩んでいくことができます。

古矢ピアノ教室は、
『自己肯定感が上がる脳科学ピアノレッスン』の教室としてご紹介いただいています。

 

ピアノを弾いて音楽を楽しみ、人生を楽しんでいけるって、本当に素敵なことです。

 

古矢ピアノ教室の子どもさんのレッスンでは、レッスンが終わると出席カードにシールを貼ります。

年間のレッスン回数に合わせたカードを使っていますが、
テキストが終了した時や発表会で頑張って演奏した時など、ボーナスシールがもらえます。

なので、カードがいっぱいになるのは、1年よりも少し早くなるのです。

小学3年生のMちゃんは、本日、出席カードがいっぱいになりました。

Mちゃんは、幼稚園の年長さんの11月にご入会くださり、ピアノを始められました。
最初は、全く初めてですから、指番号やドの場所からレッスンを始めました。
ピアノを弾くのが大好きで、いつも素敵に楽しくピアノを弾いています。

今では、ツェルニー100番やプレ・インベンション、ブルグミュラーに進み、
特に、キレイな曲がたくさん入っているブルグミュラーが大好きです。

出席カードがいっぱいになったのは、今回で3回目になります。
カードがいっぱいになりますと、スペシャルボックスからプレゼントを選ぶことができるのですよ。

どの生徒さんも、プレゼント選びを楽しみにしてくれています。
Mちゃんも、年長さんの妹さんと一緒に、真剣に選んでくれました。
 

 
妹さんも、昨年6月からピアノレッスンを始められ、姉妹で教室に通ってきてくれています。

あれこれ迷いながら選んだのは、これです。

 

 
新しい出席カードを選んで、ニコニコ笑顔でレッスン終了しました。
今日のレッスンでは、ブルグミュラーの曲が合格し、新しい曲に進みました。
次の曲も楽しんでいきましょうね!

昨日は、小学2年生の女の子さんがお母様と体験レッスンにお越しくださいました。

先週、お母様からLINE@からお問合せいただいていました。
このところ、LINEで体験レッスンのお申し込みをいただくことが多いです。
LINEは、普段、使い慣れておられるので、便利で使いやすいですね。

幼稚園の頃、少しリトミックと一緒にピアノを習っておられたそうです。
音譜の読み方も勉強されたようで、ワークなども見せてくださいました。
 

 
体験レッスンでは、いくらかピアノレッスンの経験のある方も全く初めての方も、、
ピアノのレッスンで大切なことを確認しながら進めていきます。

まず初めにするのが、指番号です。
世界共通のこの指番号は、ピアノ演奏のためにはとても大切ですね。

そして、ピアノでドの場所を確認して、音譜の種類によって、長さが違うことを学んでいただき、
一緒にリズムカードでリズムを作ったり、たたいたりしました。

いよいよ、テキストの楽譜を見て、指番号を見て、音譜の長さを確認し、
右手と左手を交代しながら、止まらないように弾いてみました。

また、両手でドを4拍ずつ数えて伸ばしていただき、1音で弾ける連弾をしました。
生徒さんは、ドの音1音だけを伸ばして弾くことの繰り返しだけなのですが、
伴奏がとっても素敵ですので、初めての方も、とても心地よい美しい音楽を聴きながら、連弾ができるのです。
子どもさんも、大人の方も、皆様に大好評の連弾です。

 

 
 
有り難いことに、お母様は古矢ピアノ教室のホームページやブログをご覧くださっていたそうなのです。
ですから、ピアノ教室の方針や雰囲気などもよくご理解下さっていました

「クラシックを中心に、子どもがピアノを楽しく弾き続けられたら・・・と思います。」 とアンケートにお書きくださっていました。

ピアノの弾き方、楽譜の読み方といった基礎はしっかり学びつつ、楽しくピアノが弾けるレッスンを心がけています。
古矢ピアノ教室のモットーは、生涯、ピアノを弾き続けて音楽を楽しみつつ人生を歩んでいくことです。
そのためには、基礎が大切です。

体験レッスンは、とっても楽しくさせていただけ、子どもさんもニコニコ顔になってくれました。
 

 
 
その日の夜に、お母様からご入会のお申込みのご連絡をいただきました。
月の途中になりますが、来週からレッスンがスタートすることに!

ご一緒にピアノを弾いて、ますます笑顔になりましょうネ!
素敵なご縁に心より感謝申し上げます。

Copyright © 2018 Furuya Piano School All Rights Reserved.