生徒さんに聞きました

古矢ピアノ教室はどうですか?

* 3人の子供がボードに書いた感想を見せている

お子様を通わせてどうですか?

*

年長さんのお母様からのお手紙

幼稚園年中になった4月から通い始めて、1年3ヶ月ほどたちました。

家での練習は、親子で格闘することもありますが、レッスンに行くと毎回前向きに取り組んでいるようで、幼稚園児の息子でも楽しく頑張れる雰囲気で毎回レッスンしてくださいます。

大きなグランドピアノで練習できることも嬉しいようです。

年長さんのレッスン風景1

ピアノを弾く練習だけではなく、音譜を書いたり、色塗りをしてドレミを覚えたりする時間も、息子の楽しみでいつの間にか音譜を覚えてしまっていて驚いています。

ゆっくり少しずつ弾けるようになっていけば、との思いで見守っていましたが、毎回楽しくレッスンに通い、1年後には発表会にも出させていただいてとても良い経験になり、自信にもつながったようです。親の方が緊張しましたが、小さな両手で堂々と弾く姿に、感動で胸がいっぱいになりました。

年長さんのレッスン風景2

これからも、楽しくレッスンを続けていく中で、豊かな心をはぐくみながら成長していってくれることを願っています。

息子も「おじいちゃんになってもずっとピアノ続けたい!」と言っているので、嬉しく思います。

直筆のお手紙を見る
年長さんのレッスン風景1
年長さんのレッスン風景2

小学2年生のお母様からのお手紙

息子が古矢ピアノ教室に通いはじめて、もうすぐ1年になります。

もともと音楽が好きなので楽器を奏でる楽しみも知ってほしいと思い、半ば無理やりに始めさせたピアノですが、本人は思いのほか嫌がらずに毎週楽しんでいるようです。

小学生のレッスン風景

最近は両手でひく練習がはじまり、少しずつですが上達しているのがわかります。

このままの調子で、マイペースでも続けていってほしいなと、見守っています。

直筆のお手紙を見る
小学生のレッスン風景

卒業生徒さんの声

小学1年生の秋から中学3年生の春休みまで7年半レッスンに通ってくださいました。

現在、大阪大学の大学院生(男性)です。

卒業生徒さんの当時の発表会

習ってよかったこと

楽譜が読めるので、音楽の授業が楽しかったこと。

中高は運動部だったけれど、合唱コンクールでピアノが弾けるとドヤ顔ができたこと。

楽譜がなくても耳でリズム感と音程は取れるので、カラオケに活かせていること。

お母さまからのコメント

出来ないとイヤなタイプだったので、練習は欠かさなかったです。

小学生の時は、公文とピアノでしたが、どちらも日々の積み重ねが大切なので、継続する力は付いたと思います。

卒業生徒さんの当時の発表会