講師紹介

古矢純子 (ふるやすみこ)

音楽には力がある。時代を超え、国を超え、どんな人の心にも温かな灯をともす力があります。古矢ピアノ教室ではレッスンを通して、小さなお子様から大人までピアノに親しみ、音楽を奏でる楽しさを味わっていただけたらと思っています。

≪これまでの歩み≫

傍らにはいつもピアノがありました。4歳の時、母がピアノを勧めてくれて、言われるままに練習を重ねました。何のとりえもないけれど、ピアノは好き。父が買ってくれたグランドピアノは、30年以上たった今でも手放すことなく大切に弾いています。

はじめは、近所の音大出身の先生から手ほどきを受けました。中学から神戸女学院大学音楽部教授の故・浅田綾子先生に師事。亡くなる直前まで、子育てに専念した時期をのぞいて、ずっと京都のご自宅までレッスンに通いました。

音大には進まず、文学部へ進学。「ピアノ中心の生活をするよりも、もっと社会のことを幅広く学びたい」「ピアノは好きだけど音大生にはなりたくない。ピアノは趣味で続けていくつもり」文学部へ通いながら、これまでと変わらずにピアノの練習もレッスンも続けました。なんだか偉そうなことを考えていた自分が今思うと恥ずかしいです。

ピアノを熱心に進めてくれた母は、私をピアニストにしたかったのかもしれません。でも演奏家として生きていくのは、才能と努力、そして運が同時に存在しなければ花開くことは難しい。そのことは、自分が一番よくわかっていました。

子育てが落ち着いたころ、お声掛けいただいて楽器店のピアノ講師になりました。その音楽教室内に、かねてから憧れのあったパイプオルガンの教室が開講され、受講生になりました。教会や大ホールにある「あの」パイプオルガンをずっと弾いてみたいと思っていたのです。

巡り合わせは面白いもので、パイプオルガン専攻で社会人入試をパス。音大生になりました。心のどこかで、やっぱり音大生として、音楽に夢中で取り組んでみたかったのだと思います。

専修生としての1年をふくめ計5年間、自分の娘よりも若い学生さんたちに混じり、大好きな音楽を存分に学びました。快く送り出してくれた家族に、心から感謝しています。

いつまでもかわらず愛され続ける作曲家たちは、どんな思いでこの曲をつくったのかしら?ピアノを弾きはじめると、200年前の作曲家たちの生きていた時代の風景も、そこに住む人々の生活も心も、ピアノの旋律に載せて鮮やかに蘇ってくる。ピアノにはそんな楽しみ方もあるのです。

 

≪わが子にピアノを習わせたいとお考えのお母様へ 古矢ピアノ教室からメッセージ≫

確かに、ピアノは情操を育て、脳を活性化する。感性も磨くことができます。しかし、一番お伝えしたいのは、音楽には力がある。お子さんが人生を生き抜く力になってくれるということです。

うれしいとき、悲しい時、気晴らしをしたいとき、何もかも忘れたいとき。人を想う時、出し物をする時、歓迎をする時、喜びを表現するとき、演奏は心を照らすプレゼントにだってなるのです。

音楽は人と人とをつないでくれる。自分の心を助けてくれる。古矢ピアノ教室はお子様の未来を支えるピアノ教室を展開していきます。その第一歩は、自分で楽譜を読み、自立してピアノを弾くことができること。どこまでも丁寧に指導してまいります。

≪メディアでご紹介いただきました。≫

地域の公民館やカルチャースクールにて、シニア世代の方々がピアノを気軽に楽しんでいただく活動にも力を入れてまいりました。


・中日新聞滋賀版(2013.4.27)
・京都新聞滋賀版(2013.5.12)
・中日新聞滋賀版(2013.5.20)
・朝日新聞滋賀版(2013.6.17)
・FM放送 e-radio「face」出演(2013.5.21)

≪資格≫

神戸女学院大学文学部総合文化学科卒業。
同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。

ヤマハピアノ演奏グレード4級、指導グレード4級取得。

PTNA全日本ピアノ指導者協会 指導会員。
日本オルガニスト協会会員。

≪自己紹介≫

血液型は、B型。星座は、みずがめ座。

自分がやると決めたことは一生懸命。真っ直ぐに進みます。でも、納得がいかないと、なかなか行動ができないタイプです。

大阪の下町で育ちました。結婚を機に滋賀県大津市に住んでいます。

レッスン室からは琵琶湖が眺められ、自然豊かであると同時に、京都まで電車で15分という便利さが気に入っています。

二人の子供(息子と娘)はそれぞれ結婚し、現在は、夫と二人暮らしです。

音楽は、いろんなジャンルを聴きますが、やはり、クラッシックが一番好きです。
なかでも、ピアノ、オルガン、それから、オーケストラの響きが大好きです。
年に何度か、コンサートを聴きに京都や大阪、兵庫まで足を延ばします。

 

 

音楽以外の趣味は、お菓子やパン作りです。

 

 

家族の誕生日には、いつもケーキを焼いてきました。
今でも、時々、パウンドケーキ、クッキーやロールパンなどを焼きます。
また、歌舞伎や文楽といった日本の伝統芸能も好きで、京都南座の顔見世興行や香川のこんぴら歌舞伎も見に行きます。

PAGE TOP