ピアノが習い事にいい理由

ピアノは脳の働きを高めます

脳が成長する幼児期はピアノのお稽古をはじめるのに最適と言えます。

楽譜を読む、指でその音の位置を確かめ聴く、次の音を考え表現の工夫をする、作曲家の思いを感じ取る、先生の話に注意深く耳を傾ける。
音楽の習いごとは、こどもが成長するための基礎・基本が詰まっています。

それは、どの楽器でも同じですが、ピアノは正確な音の高さを知る意味でも基本の楽器です。
ピアノを経験しておくと他の楽器も始め易いです。

最近、明石家さんまさんが司会を務める「ホンマでっか!?TV」に出演されている脳科学者の澤口俊之先生が、習い事の質問でこのように、おっしゃっていました。

「1番習い事としていいのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。全て脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭がいい。さらに、ピアノを習うとキレにくくなる」

また、アインシュタイン・ファクターという本の中では、「初見で楽譜を読む訓練や絶対音感がつく訓練によって、IQ が永続的に10ポイント上げられる」と書かれています。

ピアノを演奏するということは、

楽譜を目で見て
脳がその情報を理解して身体各部に指令を出し
指をコントロールしてピアノを弾き
イメージどおりの音になっているか耳で確かめつつ、目は次の音符を追いかける

この4つの動作の流れを瞬間的に連続して行っています。

ピアノを弾くと、頭がよくなると言われているその理由は・・・。

脳トレーニングなのです。

ピアノが上手な子の脳は、ワーキングメモリーと呼ばれている能力が発達し、
演奏時には両手をコントロールしますので、脳全体が活性化するのです。

PAGE TOP