1. ホーム
  2. 子供のレッスン
  3. 古矢純子(ふるやすみこ)

古矢純子(ふるやすみこ)

古矢純子先生のプロフィール写真
古矢純子先生のプロフィール写真

神戸女学院大学文学部総合文化学科卒業。

同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。

ヤマハピアノ演奏グレード4級、指導グレード4級取得。

PTNA全日本ピアノ指導者協会 指導会員。

日本オルガニスト協会会員。

音楽と共に人生を
歩んでまいりました

* 古矢先生の子供時代(発表会)

私は4歳からピアノをはじめました。以来、ピアノや音楽の世界に魅せられ、音楽への探究心は深まる一方です。

父が買ってくれたグランドピアノは、30年以上たった今でも手放すことなく大切に弾いています。

始めは、近所の音大出身の先生から手ほどきを受け、中学からは神戸女学院大学音楽部教授の故・浅田綾子先生に師事。

大学は文学部へ通いながら、これまでと変わらずにピアノの練習もレッスンも続けました。

結婚し、子育てが落ち着いたころ、お声掛けいただいて楽器店のピアノ講師になりました。

かねてから憧れのあったパイプオルガン専攻で社会人入試をパス。音大生にもなりました。

地域の活動でピアノ演奏

地域の公民館やカルチャースクールにて、シニア世代の方々がピアノを気軽に楽しんでいただく活動にも力を入れてまいりました。

古矢先生の子供時代(発表会)
地域の活動でピアノ演奏

25年で300名以上の生徒さんを
指導してきました

*
先生と3人の子供たち(発表会にて)

自宅教室を開いたのは、ゆったりとしたスペースで良い楽器でレッスンをご提供したい、制約に縛られず、生徒さんに喜んでいただけるレッスンがしたい、そして、主宰した発表会がしたいと願ってのことです。

生徒さんが思いどおりに演奏できたときの笑顔、それを見守るご家族の笑顔は、私にとって何よりのやりがいです。

だからこそ “どなたにも、音楽の美しい世界を感じていただくお手伝いをしたい!一緒に音楽を感じたい!”という想いで日々、生徒さんと向きあっております。

先生と小学生の子供の笑顔

音楽で心動かされること。音楽で癒されること。音楽で勇気をもらうこと。音楽で知らない世界に連れていってもらうこと。音楽で美しい世界に入ること。

これらのことが大好きだから、音楽をしています。

多くの皆様に、生涯、音楽を楽しみ、音楽とともに人生を歩んでいっていただくことが、私の願いであり、喜びです。

先生と3人の子供たち(発表会にて)
先生と小学生の子供の笑顔

コンサートや歌舞伎を見に
よく出かけます

*
コンサートへお出かけ

音楽は、いろんなジャンルを聴きますが、やはり、クラッシックが一番好きです。なかでも、ピアノ、オルガン、それから、オーケストラの響きが大好きです。

年に何度か、コンサートを聴きに京都や大阪、兵庫まで足を延ばします。

歌舞伎にお出かけ

また、歌舞伎や文楽といった日本の伝統芸能も好きで、京都南座の顔見世興行や香川のこんぴら歌舞伎も見に行きます。

コンサートへお出かけ
歌舞伎にお出かけ