海外のピアノメーカー その1 世界三大ピアノメーカー

今日は、海外のピアノメーカーをご紹介いたします。

世界三大ピアノメーカーと呼ばれているのが、ベーゼンドルファー、スタインウェイ&サンズ、ベヒシュタインです。

ベーゼンドルファー

1828年創業のオーストリア ウィーンのピアノメーカーで世界で最も古い歴史があります。

ベーゼンドルファーのピアノは、リストの激しい演奏に耐えられたことで、多くの作曲家やピアニストに支持され、スタインウェイと人気を二分してきました。2008年からは、YAMAHAの傘下に入っています。

最低音が低いドまである97鍵のコンサート用グランドピアノ「インペリアル」で有名です。

「至福のピアニッシモ」と呼ばれる美しい響きです。

 

 

スタインウェイ&サンズ

1853年創業のアメリカ最大のピアノメーカーで、世界の一流ピアニストに最も演奏されているピアノとしても有名です。

日本では、コンサートホールに設置されていることが多いです。

生産拠点は、ドイツとニューヨークの2か所にあり、材料や部品などが若干異なっているそうです。ハンブルグ・スタインウェイ、ニューヨーク・スタインウェイと呼ばれ区別されています。

透明感あふれるきらびやかな音色が特徴的です。

 

 

ベヒシュタイン

1853年創業のドイツのピアノメーカーで、「ピアノのストラディバリウス」ともいわれ、ドビュッシーやリストが愛したピアノそしても有名です。三大メーカーでは唯一、アップライトピアノにも力を入れています。

ベヒシュタインピアノの音色は、「濁りのない透明感」や「響きの強さ」「音の立ち上がりの鋭さ」が特徴とされています。

 

どのピアノも、魅力的ですね。

古矢ピアノ教室では、スタインウェイ&サンズのとYAMAHAの2台のグランドピアノがあり、レッスンでも弾いていただけます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP