憧れのピアノ曲 エリーゼのために。

誰もが、一度は弾きたい憧れのピアノ曲と言えば、『エリーゼのために』ですね。

冒頭部分の「ミレ♯ミレ♯ミシレドラ」は、どなたも耳にされたことがおありでしょう。

ピアノ発表会でも、人気の曲です。

『エリーゼのために』は、ドイツの作曲家ベートーヴェン(1770~1827)が、1810年、39歳の時に作曲しました。

この「エリーゼ(Elise)」は、女性の名前ですが、もともとは「テレーゼ(Therese)」だったという説があります。

ベートーヴェンが悪筆であったため、「エリーゼ」と間違って読まれたらしいのです。

 

では、この「テレーゼ」さんて、どんな女性だったのでしょう。

ベートーヴェンには、テレーゼ・マルファッティというピアノの教え子がいました。ベートーヴェンは、18歳のテレーゼに恋をしました。そして、この『エリーゼのために』を作曲し、プレゼントしたのです。しかし、恋は実りませんでした。

もともとは、『テレーゼのために』だったというわけですね。

 

ところが、最近、新たな説がでてきました。

『エレーゼのために』は、エリザベート・レッケルという歌手に捧げられたものではないかというのです。

 

しかし、今となっては、ベートーヴェン直筆の楽譜は失われていて、確認することは難しいです。

どちらにしても、生涯独身を貫いたベートーヴェンでしたが、親しくしていた女性は少なくなかったようですね。

 

ベートーヴェンの憧れの女性への想いがこめられた『エリーゼのために』。

作曲された背景やエピソードを知ると、また、より興味をもって聴いたり弾いたり楽しむことができますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP